レモングラス

レモングラス

Lemongrass

フレッシュで甘いレモン様の香り。アジア料理では欠かせない食べても美味しいハーブ。
心に刺激を与え明るくさせてくれる。アロマバスなどにして筋肉痛にも有効です。
09680d2f4dd2e89199c5225c0e2fbc17_s

植物データ

原料植物名 レモングラス

科名 イネ科

学名 Cymbopogon citratus

主な産地 インド、マダガスカル、ネパール

精油データ

抽出部位 葉

精油製造法 水蒸気蒸留法

主な成分 シトラール、ミルセン、メチルヘプテノン

レモングラスについて

レモンより強い柑橘系の香りがしますが、レモングラスと呼ばれるイネ科の植物の葉から採れる精油です。レモングラスはインド原産の多年草で、熱帯から亜熱帯地方で多く栽培され、高さ1.5mほどに成長します。鎮痛、抗炎症作用があり、トリートメントに使えば筋肉痛や凝りをやわらげ、リンパの流れをよくしてむくみやセルライトの解消に役立ちます。また、主成分であるネロールやゲラニオールには防虫作用があるため、蚊などの虫よけにもおすすめです。レモングラスの葉は消化促進によいとされ、主にエスニック料理の香りづけとして、またハーブティーとしても愛されています。寒さに弱いですが、日本でも育てやすいハーブのひとつです。

精油の作用

抗うつ、精神刺激、強壮(神経系・消化器系・筋系)、消毒、抗真菌、殺菌、抗ウイルス、鎮痛、解熱、血管拡張、駆風、催乳、収れん、デオドラント、防虫

有効な心の症状

抑うつ、ストレス、精神疲労

有効な体の症状

時差ボケ、感染症、熱、食欲不振、消化不良、大腸炎、胃腸炎、感染症、スポーツ後の筋肉痛

有効なお肌の症状

にきび、脂性肌、たるみ、水虫

注意事項

  • 3歳以下の子供に使用しないこと。
  • 低濃度で使用すること。
  • 妊娠4ヶ月まで使用しないこと。
  • まれに肌刺激がある。
レモングラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です