ラベンダー

f34ca8c71d49a96c020b62b6aa0eb894_s

Lavender

万人に愛されるアロマテラピーの代表的存在でフローラルな優しい香りの精油。
リラックス効果が高く、寝る前の芳香浴はアロマテラピー初心者にもおすすめ。
f34ca8c71d49a96c020b62b6aa0eb894_s

植物データ

原料植物名 ラベンダー

科名 シソ科

学名 Lavendula angustifolia

主な産地 オーストラリア、フランス、ブルガリア

精油データ

抽出部位 花と葉

精油製造法 水蒸気蒸留法

主な成分 酢酸ラバンジュリル、酢酸リナリル、ラバンジュロール、リナロール

ラベンダーについて

昔から万能のハーブといわれ、アロマセラピーの中でも最もポピュラーな精油です。すぐれた鎮静作用があり、不眠、抗うつなどに用いられます。刺激もおだやかなため、安全で使いやすい精油とされます。学名の「Lavendula」はラテン語の「lavo(洗う)」に由来するといわれています。ラベンダーには非常に多くの種類があり、精油もそれぞれ成分や作用、香りが異なります。その代表種augustifoliaは「真正ラベンダー」と呼ばれます。花は穂のようにつき、紫の他、白やピンクの花もあります。葉にも芳香があります。

精油の作用

鎮静、抗うつ、強壮(神経系・心臓)、刺激(免疫系)、消毒、抗真菌、殺菌、抗ウイルス、鎮痛、血圧降下、解毒、消化促進、胆汁分泌促進、駆風、駆虫、通経、鎮痙、抗痙攣、抗リウマチ、細胞成長促進、瘢痕形成、抗炎症、デオドラント、防虫

有効な心の症状

抑うつ、イライラ、ヒステリー、ショック、ストレス

有効な体の症状

不眠症、神経緊張、頭痛、偏頭痛、めまい、座骨神経痛、耳鳴り、てんかん、感染症、高血圧、動悸、腹痛、消化不良、吐き気、気管支炎、カタル、カンジダ症、月経痛、膀胱炎、リウマチ、捻挫、打ち身、腰痛

有効なお肌の症状

にきび、アレルギー、水虫、火傷、皮膚炎、湿疹、帯状疱疹、日焼け、ふけ、傷、虫刺され、刺し傷

 

f34ca8c71d49a96c020b62b6aa0eb894_s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です