ミルラ(マー/没薬)

出展:Dr.Axe

ミルラ Myrrh

甘味と薬のような樹脂系の香りがある固まりやすい精油。フランキンセンスとともに新約聖書に登場。
手荒れ用のハンドクリームなどによく使われる。
出展:Dr.Axe

出展:Dr.Axe

植物データ

原料植物名 モツヤクノキ、モツヤクジュ

科名 カンラン科

学名 Commiphora myrrha

主な産地 インド、エチオピア、ソマリア

精油データ

抽出部位 樹脂

精油製造法 水蒸気蒸留法

主な成分 オイゲノール、クミンアルデヒド、α-ピネン、リモネン

ミルラについて

ムスクに似た、独自の香りをもつ精油です。フランキンセンス(オリバナム/乳香)とともに、「新約聖書」に登場し、「没薬(もつやく)」とも呼ばれています。アラビア半島西部とソマリアを産地とする、3〜5mの低木で、白い花をつけます。樹皮からできた傷からにじみ出る樹液から出て、粘性があります。樹液は、はじめは黄色ですが、空気に触れると赤褐色に固まり樹脂となります。古代エジプトでは、毎日正午の太陽礼拝の儀式の際にミルラを焚いたほか、防腐効果が高いことからミイラ作りに使われ、ミイラの語源となったという説もあります。現在では、歯磨き剤などの香り付けとしても使われています。

 

精油の作用

鎮静、強壮(神経系)、刺激(消化器系・呼吸器系)、消毒、殺菌、抗真菌、抗ウイルス、健胃、駆風、去痰、抗カタル、通経、利尿、細胞成長促進、瘢痕形成、収れん、抗炎症

有効な心の症状

トラウマ、不安、無気力

有効な体の症状

神経衰弱、痔、下痢、消化不良、口内炎、口臭、咳、風邪、気管支炎、無月経、カンジダ性膣炎

有効なお肌の症状

しわ、老化肌、創傷、真菌感染、水虫、湿疹

注意事項

  • 生理中の人には使用しないこと。
  • 妊娠中の人には使用しないこと。
出展:Dr.Axe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です