ベルガモット

出展:RMO

ベルガモット Bergamot

高ぶる気持ちやイライラを落ち着かせてくれる香り。
紅茶のアールグレイの香りづけに使われていることで有名。

 

出展:RMO

出展:RMO

植物データ

原料植物名 ベルガモット

科名 ミカン科

学名 Citrus bergamia

主な産地 イタリア

精油データ

抽出部位 果皮

精油製造法 圧搾法

主な成分 酢酸リナリル、ベルガプテン、ベルガモテン、リナロール、リモネン

ベルガモットについて

レモンより甘く、繊細な香りをもつベルガモットは、柑橘系の中でも特に人気の精油です。紅茶のアールグレイの香りづけとして使われる香料としても有名です。精油は古くから化粧用や食料の香料として使われ、18世紀初頭に誕生した「ケルンの水」(オー・デ・コロン)の主要原料だったといわれています。ストレスや緊張で高ぶった神経をしずめ、明るくておだやかな気持ちにさせてくれます。また、消化促進や殺菌、消毒、抗炎症などの作用があるとされます。ほとんどの精油と相性が良く、相乗効果が高いため、ブレンドでの使用がおすすめです。イタリア南部のカラブリア地方が主な産地です。長い綠の葉をつけ、白い花を咲かせます。果汁や果肉はほとんど利用されず、果皮から香料を得るために栽培されています。精油成分にフロクマリン類が含まれており、光毒性に注意が必要です。同じ「ベルガモット」の名を持つタイマツバナという一年草ハーブがありますが、香りが似ているだけでまったく異なる植物です。

 

精油の作用

鎮静、抗うつ、高揚、強壮(神経系・消化器系・泌尿器系)、消毒、殺菌、解熱、解毒、健胃、食欲増進、消化促進、駆風、暖下、利尿、鎮痙、瘢痕形成、デオドラント、駆虫

有効な心の症状

緊張、怒り、ストレス、抑うつ、不安、悲しみ

有効な体の症状

頭痛、神経疲労、熱、便秘、消化不良、胃腸炎、食欲喪失、風邪、インフルエンザ、カンジダ症、膀胱炎

有効なお肌の症状

口内炎、にきび、ヘルペス、傷、虫刺され

注意事項

  • 光毒性がある。
  • 使用後12時間以内に紫外線や日光に当たらないこと。
出展:RMO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です