ペパーミント

ed6d63055f5d9304b84c44e0a40cc23f_s

ペパーミント Peppermint

フレッシュで強力なミントの香りは、朝にぴったり。
イライラした気分をクールダウンさせてくれます。
ed6d63055f5d9304b84c44e0a40cc23f_s

植物データ

原料植物名 ペパーミント

学名 Mentha piperita

主な産地 アメリカ、インド、オーストラリア、フランス

精油データ

抽出部位 葉

精油製造法 水蒸気蒸留法

主な成分 イソメントン、酢酸メンチル、1,8-シネオール、l-メントール、メントン

ペパーミントについて

歯磨き粉やガム、消臭剤に使われている、メントールの香りでおなじみのミントの精油です。シソ科の多年草で、学名の「piperita」はコショウのようなという意味をもちます。清涼感のあるさわやかな香りは意識をハッキリさせる働きがあり、朝目覚めをよくしたり、勉強中にも良いとされています。また、ハーブティとしても飲用されています。ミントにはさまざまな種類がありますが、アロマセラピーに用いられるのはペパーミント、スペアミント、ハッカの三種類です。非常に香りが強く皮膚刺激もあるので使用量には注意します。特に子供への使用は、注意が必要です。

精油の作用

頭脳明晰、肝臓強壮、刺激(神経系・消化器系)、消毒、抗真菌、殺菌、抗ウイルス、鎮痛、解熱、血管収縮、冷却、加温、解毒、健胃、胆汁分泌促進、駆風、去痰、通経、鎮痙、抗痙攣、収れん、抗炎症、デオドラント、発汗

有効な心の症状

ヒステリー、精神的疲労

有効な体の症状

めまい、頭痛、偏頭痛、神経炎、風邪、インフルエンザ、熱、消化不良、吐き気、食中毒、胃痙攣、腹痛、乗り物酔い、咳、気管支炎、しゃっくり、筋肉疲労

有効なお肌の症状

にきび、皮膚炎、感染症、ダニ

注意事項

  • 3歳以下の子供に使用しないこと。
  • 妊娠中、授乳中は使用しないこと。
  • まれに肌刺激がある。
ed6d63055f5d9304b84c44e0a40cc23f_s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です