アロマテラピーとは

9f97814082657d96773cbd984fb9512d_s

9f97814082657d96773cbd984fb9512d_s
ひとつの小さな精油ビンから落ちる香りのひとしずく。

そこから広がる香りをかぐだけで、私達は心身ともに心地よい気持ちになれます。

それは、なぜでしょう?

ちゃんと理由があります。

アロマテラピーとは何かを学ぶと、もっとアロマテラピーの魅力を感じることが出来ます。

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、植物の香りを楽しみ心身の健康に役立てることです。

アロマテラピーでは、植物の香りとして精油(エッセンシャルオイル)を用います。

精油の香りは心地よく、リラクゼーションリラックス美や健康管理に役立てることができます。

アロマテラピーで香りを楽しみ活用することで、人間の体がもつ本来の自然治癒力を引き出すことが出来ます。

アロマテラピーでは、人の心と体に部分的ではなくホリスティック(全体的)に働きかけることができます。

AEAJでは、「アロマテラピー」を次のように定義しています。

アロマテラピーは精油を用いてホリスティック(※)な観点から行う自然療法である。
アロマテラピーの目的は以下のとおりである。

  1. リラクセーションやリフレッシュに役立てる
  2. 美と健康を増進する
  3. 身体や精神の恒常性の維持と促進を図る
  4. 身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す 引用:日本アロマ環境協会

現在、アロマテラピーはさまざまな分野に取り入れられ、幅広く活用されています。

  • 美容
  • 健康増進
  • リラクゼーション
  • スポーツ
  • 介護
  • 医療施設
  • 予防医学

アロマセラピーとアロマテラピーの違いって?

アロマセラピー=Aromatherapy

アロマテラピー=Aromatherapy

つまり、一緒です。よく、「トリートメントがアロマセラピーで芳香浴がアロマテラピー?」と勘違いされる方も多いのですが、アロマテラピーもアロマセラピーも同じ”芳香療法”という意味に変わりはありません。アロマテラピーがフランス読み、アロマセラピーがイギリス読みで、読み方の音が違うだけなんですね。公益社団法人日本アロマ環境協会では”アロマテラピー”といっています。

9f97814082657d96773cbd984fb9512d_s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です