自分の肌状態に合わせて作ろう。アロマ化粧水の簡単な作り方

DSCF2325

化粧水って何を使うか女性なら悩みますよね。ニキビが出来た時と、乾燥が気になる時では当然選ぶ化粧水が違ってくると思います。

精油で作るアロマ化粧水なら、その時の自分の肌状態に合わせた処方の物を作ることが出来ます。しっとり、さっぱりも分量を変えるだけで自由自在。

私も、手作りの化粧水を使い始めてから肌トラブルが減りました。とはいえ、ずっと肌荒れ体質だったので、アロマオイルって本当にお肌に優しいんだな…と身を持って実感しています。

今回は、簡単に作れるアロマ化粧水の作り方をご紹介します。

アロマ化粧水の基本の作り方

DSCF2325

材料

  • 無水エタノール 5ml
  • 化粧用グリセリン 小さじ1杯
  • 精製水 100ml
  • 100mlの容器
  • お好みの精油 3滴
さっぱりタイプにしたい時→エタノールの分量を増やす

しっとりタイプにしたい時→グリセリンの分量を増やす

作り方

1.エタノールをビーカーで計る

2.エタノールに精油を加えて、混ぜる

IMG_1714

3.グリセリンを計って加える

IMG_1716

4.保存容器にビーカーの中身と精製水を入れ、よく振って混ぜる

5.できあがり

IMG_1719

スプレー容器を使えば、気軽にミストタイプの化粧水が作れます♪ 化粧直し時やオフィスでも使え、とっても便利です。
お気に入りの容器に入れれば、使う度に幸せな気分を味わえますよ♪

精製水の代わりに、フローラルウォーターでもOK!

オーガニック フローラルウォーター ネロリ 200ml

化粧水を作る際、精製水の代わりにフローラルウォーター(芳香蒸留水)を使用すると、香りも深まる上にスキンケア効果も上がります。

ネロリ、ローズ、ラベンダーなどお好みのフローラルウォーターを使ってみてください。

注意事項

  • 保存料などが入っていないため、2週間程度で使いきりましょう。
  • 肌に合わない場合は使用を中止してください。
  • 光毒性がある精油を入れた場合、使用後日光には当たらないようにしましょう。

肌質別・お悩み別おすすめ精油

6baca71e3f87c4e0fc22c4e2abf18405_s

2週間を目安に使い切る手作り化粧水は、その時の肌状態に合わせて精油を選びましょう。

普通肌

フランキンセンス、ゼラニウム、イランイラン、ローズオットー、ラベンダー、パルマローザ

乾燥肌

ゼラニウム、ラベンダー、カモミール・ローマン、ジャスミン、フランキンセンス、サンダルウッド、ネロリ、パチュリ

脂性肌

ベルガモット、イランイラン、ローズマリー

ニキビが気になる時

ティートリー、ラベンダー、ジュニパーベリー、サイプレス、レモングラス

老化肌、しわが気になる時

フランキンセンス、ネロリ、ローズ、ジャスミン、パチュリ、サンダルウッド、ミルラ

しみ、そばかすが気になる時

カモミール・ジャーマン、フランキンセンス、ローズマリー、ネロリ、ゼラニウム、ラベンダー、マンダリン

手作り化粧水で美肌作りを♡

簡単に出来るアロマ化粧水の作り方をご紹介しました。いかがでしたか?

お肌に優しく効果があるだけではなく、香りを嗅ぐことによる心身へのリラック効果も期待できます。ぜひ、試してみてくださいね。

Aya
私のお気に入りはジャスミンなので、+サンダルウッドや+イランイランで化粧水を作っています。とても肌の調子が良くなる上に、いい香りで幸せな気持ちになれますよ♡

おすすめのアイテム

こちらの記事もご覧ください

3分で出来る♪ アロマオイルの「手作りバスソルト」の作り方

2016.08.18

1日の汚れをしっかりオフ♪「手作りアロマクレンジングオイル」の作り方

2016.07.22

夏にひんやり、日焼け後にも♡「手作りアロマボディジェル」の作り方

2016.06.02
DSCF2325

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です