3分で出来る♪ アロマオイルの「手作りバスソルト」の作り方

DSCF2336
DSCF2330

バスソルトは、アロマクラフトの中でもとっても簡単で気軽に作れるものです。好きな香りのバスソルトをお風呂に入れれば、幸せなバスタイムになりますよ♪ 私もバスソルトは毎日のように作って、香りを楽しんでいます。

精油の吸収は嗅覚・皮膚・呼吸器からの3経路ですが、バスソルトにしてアロマバスをすることにより、すべての経路から精油の成分を体内に巡らせることが出来ます。不眠・肌荒れ・うつ…あらゆる悩みをアロマのバスソルトで助けてあげることが出来るんです♪

とにかく簡単で安くできるので、お家にあるアロマオイル(精油)を活用してみませんか?

「手作りバスソルト」の作り方

DSCF2336

バスソルトは、天然塩と精油を混ぜるだけ! 3分で出来ますよ♡
100均などで売っている小さなジャム瓶だと1回分がちょうどよく作れるので、その日の気分で毎日作り変えるのがオススメです♪

材料(1回分)

  • 天然塩 大さじ2杯
  • 精油 5滴
  • 容器

作り方

  1. 容器に天然塩を大さじ2杯入れる
  2. お好みの精油を入れ、よく混ぜる

使い方

湯船に作ったバスソルトを入れ、よくかき混ぜ香りを楽しみながら入浴する。

おすすめの天然塩

粗塩(あら塩)

スーパーで手軽な値段で手に入る「粗塩(あら塩)」はバスソルトの基材としてとってもおすすめです。毎日大さじ2杯ずつ使っても、かなり長持ちしますよ♪
塩の発汗作用で美肌・むくみ改善効果があり、毎日つづけることで代謝も良くなります。
粗塩は、精製されていない塩のことです。精製されている塩に比べてミネラルを豊富に含みます。

岩塩

岩塩は、山のお塩です。ロックソルト・ピンクソルト・ブラックソルトなど。地殻変動で海水が陸に閉じ込められ、長い年月をかけて結晶化したもので、鉄分を含んでおり体を温めたい時にぴったりです。サイズも大きく、見た目もかわいいためギフト用のバスソルトを作る際にもおすすめです♪

バスソルトにおすすめのアロマオイル

DSCF2343

バスソルトを使ったアロマバスは、精油の香りそのものをゆっくり楽しめる時間です。お好みの精油をいくつかブレンドしても良いですし、その日の気分にピッタリ合う精油を単体で使うのも気持ちいいです♪

リラックスしたい時

ラベンダー、カモミールローマン、マンダリン、オレンジ・スイート、ゼラニウム

リフレッシュしたい時

ローズマリー、レモン、レモングラス、ペパーミント

ダイエットしている時

グレープフルーツ、ジュニパーベリー、サイプレス

アロマバスの注意点

精油を取り扱う際には、十分な知識をもって取り扱うことが重要です。精油を用いてバスソルト作りをする際は、以下のことに注意しましょう。

  • 柑橘系・スパイス系の精油には皮膚刺激があるものがあります。敏感肌の方は、様子を見ながら量を調節しましょう。
  • 3歳未満のお子さんには、精油を用いたバスソルトは使用しないでください。

手作りバスソルトで、幸せな入浴時間を♪

3分で出来るバスソルトの作り方をご紹介しました。

好きな香りを気軽に楽しめるアロマバスは、精油の作用でストレスや疲労を軽減させてくれます。1日の終りに、ぜひ取り入れてみてくださいね。

Aya
私はお風呂に入る前に粗塩をささっと瓶に入れて、その日の気分の精油を混ぜて楽しんでいます。何気ない入浴時間がとっても幸せになるので本当におすすめですよ♡

1日の汚れをしっかりオフ♪「手作りアロマクレンジングオイル」の作り方

2016.07.22

「ジョンマスターオーガニック」のボディケアアイテムでしっとり美肌を目指そう♪

2016.07.08

ボディソープだけじゃない♪万能ソープ「マジックソープ」の使い方

2016.07.08

毎日2分の習慣に。【ドライブラッシング】でなめらかな肌へ

2016.07.08
DSCF2336

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です