フレグランス作りの参考に。香水ブレンドのためのノート別精油リスト

2c964be331614beef1db73de937bc900_s

調香の要になる「ノート」について

2c964be331614beef1db73de937bc900_s

こんにちは、アロマライフスタイリストのAyaです。今回は調香用のノート別精油をご紹介します。

アロマクラフトの中でも、自分だけの香りが作れる香水作り。でも、数種類香りを混ぜるため、最初は「一体調香ってどうやるの?」と思いますよね。

そこで重要になるのが香りの持続性「ノート」です。長くいい香りのフレグランスを楽しむために、トップノート・ミドルノート・ベースノートをすべてバランスよく取り入れるのがポイントになります。

香水の作り方やノートについての基本はこちらをご覧ください。

世界に1つだけ。アロマがふんわりと香る「手作り香水」の作り方

2016.07.25

香水ブレンドのためのノート別精油リスト

トップノート

オレンジ・スイート、カモミール・ジャーマン、カモミール・ローマン、グレープフルーツ、サイプレス、ジュニパーベリー、ティートリー、ユーカリ、レモン、ローズマリー、マンダリン、ユズ、シトロネラ

ミドルノート

イランイラン、クラリセージ、ジャスミン・アブソリュート、ジャスミンサンバック・アブソリュート、スイートマジョラム、ゼラニウム、ネロリ、ブラックペッパー、フランキンセンス、ペパーミント、ベルガモット、ミルラ、メリッサ、ラベンダー、レモングラス、ローズアブソリュート、ローズ・オットー、プチグレン、ホーリーフ、ナツメグ、ローズウッド

ベースノート

サンダルウッド、パチュリ、ベチバー、ベンゾイン、ヒノキ、シダーウッド

  • トップノート
    嗅いだ瞬間、最初に立ち上がってくる香りです。香り成分の揮発性が高く、長続きしません。ブレンドされた香りの中の第一印象となります。柑橘系などの軽い香りに代表されます。
  • ミドルノート
    トップノートの香りが弱まってから個性を主張する香りです。香り成分の揮発度が中間である程度の持続性を持ちます。花やスパイスの香りに代表されます。
  • ベースノート
    トップノート、ミドルノートの香りが去ってからも、静かに残る香りです。揮発性が低く持続性が高いため、ブレンドされた香りの中で最も長くとどまる香りです。重い香りや温かみのある香りが多く、樹脂などの香りに代表されます。

香りの「ノート」をバランスよく配合して香水作りを♪

ノートは、香水作りを繰り返すことで自然と頭に入っていきますが、最初は上の表を参考にして作ってみてください。

全体をバランスよく配合すると、時間が経過しても香りが残り、長い間楽しめるオリジナルフレグランスが出来ますよ♪

Aya
ベースノートを必ず1つは入れるようにすると、バランスの取れた香水に仕上がります♪ ぜひ香水作りにチャレンジしてみてくださいね♡

世界に1つだけ。アロマがふんわりと香る「手作り香水」の作り方

2016.07.25
2c964be331614beef1db73de937bc900_s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です